クォーター科目とは?

どうもこんにはけんです。 今日僕は授業が1個しかないんですよ。 先週までは2コマあったんですが、1個はすでに終了しました。 なぜこんなに早く授業が終わるかというとクォーター科目だからです。 大学生なら聞いたことのある人もいるかもしれません。 というわけで今回はクォーター科目について書いていきたいと思います。 大学の授業は本来1つの授業を約16回で行います。 つまり週に1回と考えた場合16週間、やく3ヶ月とちょっとの間が1つの学期ということになります。 しかし中には8週間で終わる授業があるんです。 それがクォーター科目です。 クォーター科目は1週間に2回の授業を行い、8週間で全ての授業を終わらせるというものです。 早く終わる分その期間の負担は大きいですが集中して勉強をすることができます。 ここで僕が実際にクォーター科目を受講してよかったと思う点をいくつか紹介します。 1.早く終わる はい。そうですね。今説明した通り早く全ての授業を終わらせることができます。 実はこれはこの授業形態の大きなメリットといいますか目的の1つなんですね。 実かこれ留学に行きたい人向けの授業なんです。 多くの海外の大学は短期間の間にバーっと授業を詰め、休みが長いです。 それに合わせているんですね。 また、休みを長くすることによって海外留学に行きやすくするというメリ…

続きを読む

教職って取ったほうがいいの!?

はいどうもーケンです。 今回はのカレッジライフのテーマはずばり『教職ってとった方がいいの!?』です。 将来教員にならない人でもとった方がいいか迷っている人多くいますよね。 そんな人に現役で教職の授業を受講している僕がいくつかアドバイスさせていただきたいと思いま。 スポンサーリンク 教員にならない人が教職をとるメリットが大きく分けて3つあります。 それが 1.資格になる 2.経験になる 3.単位になる です。 一つずつ見ていきましょう。 1.資格になる これは多くの人がすでに知っている事かと思いますが、教職の授業をしっかり受ければ教員免許がもらえます。 就職の際に教員にならなかったそしても無いよりはマシですよね。資格の欄が真っ白というのも悲しいですから。 ただこれは本当に「無いよりマシ」程度です。 実際教職を教えている先生に聞いたところ一般の企業などで教員免許を評価するかといえばほとんどしないとの事でした。 しかし人生何があるかわかりません。いざという時のためにとっておくのもいいかもしれません。 塾や学習相談員、教員以外の教育関係者(お役人さん)のなる際にあった方がいいというのは間違いないですからね。 何より今自分の所属している学部学科専攻で取れる免許がないという人は教職をとって見てもいいと思います。何も資格を取らないまま卒…

続きを読む

けんのカレッジライフ開講!!

どうもケンです😎 今回は僕の大学生活からきになる情報をシェアして行きたいと思います👍 まあなんでこんな記事を書こうかと思ったかというと.... 二年生に進級し僕も先輩になったから笑 スポンサーリンク ということで一年間大学生をやってみて僕が学んんだことを紹介するコーナーを作ろう!! というわけです。 このコーナーでは 友達ができない! とか 単位落としそうで怖い!! とか 授業の取り方がわからない!!! などという大学一年生にありがちな問題に対して僕が上から物を言いいます(真顔 他にもコメントがあればそこから記事のネタをもらうこともあります。 スポンサーリンク それでは第一回は何を語るかと言うと 『授業がムズすぎる!!』 と言うことについて語ります。つまりまあ難しい授業の攻略方法ということです。 大学の授業は確かにとても難しいです。 共通教育はまだしも専門の授業はめちゃくちゃ難しいです。 僕は大学一年生の前期に専門の授業で先生が一時間一度も日本語を話さなかった(言語系の学科なので基本英語)とき 😯(really?) ってなりました笑。 そのくらい一年の最初は大学が意外とハードなことに驚かされます。 ただ学歴のためではなく…

続きを読む

もっと見る