言語相対性仮説

ども!こんにちは!!けんです。 今回は少しかっこいい言葉を皆さんにご紹介いたします。 それはタイトルにもある「言語相対性仮説」というものです。 なんだかアインシュタインの相対性理論みたいですよね。 この言語相対性仮説とは一体どのようなものなのでしょうか。 言語相対性仮説とは、私たちの世界は私たちの話す言語によってできていると言う考え方です。 言い換えるなら我々の話す言語が私たちの認識に影響を与えているという考え方です。 いまいち何を言っているかわかりませんので、例を挙げてご説明いたします。 スポンサードリンク 例えば色の概念についた。 南米に存在するある部族は私たちが緑と呼んでいる色と青と呼んでいる色の区別がつかないそうです。 その理由は彼らの言葉にこの二つを区別する言葉がないからです。 その結果、彼らは青と緑の区別が視覚的につかないのです。 逆に私たちが赤と呼んでいる色の中にいくつかの種類を持つ彼らは私たちが見たら全く区別のつかない二つの赤を見分ける事ができます。 言葉が私たちの視覚的な認識に影響を与えているという事ですね。 方向を表すのに左右という言葉を使わない人たちも存在するようです。 彼らの言葉には左右がないので方向を表す際にはその村で一番高い山の方向かそれと逆の方向かで表すそうです。 そして面白いところは彼らがそれを室内、つまり山が見えないところでも正確に…

続きを読む