電子辞書のカスタマイズII

こんにちはケンです。

なんだか久しぶりの投稿になってしまいました。

これからも少しずつ自分のペースで投稿していきますのでよろしくお願いします。



スポンサーリンク



さて今回は電子辞書のカスタマイズIIです。

前回の電子辞書のカスタマイズの話の時にチップと型とCD型の紹介をしたと思うんですがまだ読んでない方はそこから読んでいただければと思います→http://www.barsandmelody143.com/article/449564260.html


この記事は実はアマゾン様で注文して届いた直後に書いたものです。

その後僕は届いたデータを電子辞書に入れようとしました。

問題が起こっとのはそこからです。

チップの方は簡単にできました。チップを入れるだけです

問題はCDの方です。これが本当に難しい&めんどくさい。


実際僕はまだインストールできてないですw

何が難しいかって調べて頂ければわかると思うんですが、CDの場合は一度パソコンに取り込んでからその上で電子辞書にデータを移す必要があります。


そこで最初の難関です。対応しているパソコンが少ない!!

対応しているパソコンはWindowsの一部なんですね。

なのでその他のパソコンを使っている方はできないんです。


僕の使っているパソコンはmacなのでその時点で詰んでます。

そして次なる問題はケーブルです。

かろうじてパソコンにデータを移すことができたとして、次はパソコンから電子辞書にデータを移す必要があります。

その際必要となっってくるのがパソコンと電子辞書をつなぐケーブルです。

これがなければデータを移すことはできません。


ちなみにこのケーブルをアマゾン様で買おうとすると900円します。

絶対買いたくないですよね😭


ちなみに僕は奇跡的に残っていたのでここはクリアできました。


さらにパソコンから電子辞書に移すのにまた一苦労です😭


専用のソフトをインストールしなくてはなりません。めんどくさすぎます。




インストールが完了したらデータを移していくんですがそれも何がなんだか分かりませんがめちゃくちゃ難しいです。



スポンサーリンク




はい。僕も何がなんだかよくわかっていないので詳しくお伝えすることができませんでしたが、とにかく面倒くさいということは伝わったでしょうか?😭




前回の電子辞書の記事でCDもいいところをいくつか挙げてオススメさせていただいたんですが前言撤回です。

パソコンに自信のない方は絶対チップにした方がいいと思います。

慣れない人には絶対にできないです。





というわけで今回はカレッジライフというよりは僕の愚痴みたいになってしまったんですが、みなさんがこれから電子辞書のデータを選ぶ際に参考にして頂ければと思います。


それでは今回も最後まで読んで下さりありがとうございました。

よければ次も読んでくださいね😎👍👋👋












スポンサーリンク

この記事へのコメント