バイトの辞め方w

こんにちわケンです。今日は1日中家でごろごろしてました。それもこれもバイトを辞めることができたおかげですよね。

本当に最高です😎

まあいつまでもバイトしないっていうのはまずいですけど今月いっぱいはのんびりしたいと思います。





スポンサーリンク
さてさてバイトの辞め方なんですが、僕が今回の経験を通して学んだバイトの辞め方を今日はシェアして行きたいと思います👍


注意することは大きく分けて三つ

1辞める理由
一つ目は辞める時の理由をあらかじめ考えて置くことです。

もちろん理由がしっかりとある方はそれを伝えればいいんですが面倒だから、時給が安いから、店長が嫌いだからといったちょっと言いづらい理由をお持ちの方もいるでしょう。安心してください。僕があらかじめいくつかそれっぽい理由を考えておきました。どれでも一つお好きなものをお使いください😘




1. 稼ぎすぎると親の扶養から外れてしまうため

2.もっと条件のいいバイトが見つかったから

3.学業が忙しいから

4.お金が必要なくなったから

5.引っ越すことになったから

6.バイトを辞めるのに理由が必要ですか!?

7. 親に禁止されたから

8. 体調が最近優れなく、やっていけないと判断したから






スポンサーリンク
実際僕は2番の条件のいいバイトが見つかったからというのをバイト先の上司に伝え辞めました。


そうするとさらに偉い人に会議室に呼び出されて一対一の面談にもつれ込み引き止めに合いましたw

そこで僕は仕方なく直属の上司の名前を出しそいつのせいにしてやめましたwwwww

ちょっとその人には申し訳ないですがそれでなんとか辞めることができました。



まあ普通の神経を持った人ならそんなことはしないししたくないと思うので無難に一番の親の扶養から外れないためがいいと思います。







2有給の有無

二つ目は有給が取れるかしっかり確認することです。


僕は上司に相談する前に労務担当の人に僕の社員番号を伝え有給が付与されているか確認してもらいました。

僕は一応週5で働いていて、それに加え入社してから今までの間(6ヶ月間)勤怠100%を保っていたので有給が10日付与されていました。



なんだか難しいことはよくわかりませんがどんな人でも半年勤めると10日有給がもらえるそうですよ



うちにはそんな制度ないからと言われたらとりあえず「わかりました。本当にないんですね?」といってとりあえず労基にメールしましょう。自宅から近いなら直接相談するのもありかもしれませんね。


有給は原則として前日までに申告すれば忙しいからという理由で許可しないということはできないのでここぞというタイミングでかましましょう。




3辞めます!!って言うタイミング

最後は辞めますって言うタイミングについてです。


これも原則として二週間前までに言えば雇用者側に引き止める権利はありません。

つまりもし有給があれば辞めますっていった次の日から有給入れといてください😂


ってことにすれば出勤しなくていいわけです。


ちなみに僕はこのタイプの悪いやつですw


だいぶ稼働にダメージを与えてやりました😂






以上三つがバイトを辞める時に注意する点です👍


なんだか文面から伝わったと思いますが

そうです

僕はバイト先と大変仲が悪かったのです。


といっても互いに仕事でやってますので露骨にいがみ合うといったことはありませんでしたが僕としては辞めるなら散々暴れて辞めてやろうと思ってこんなことをしましたw



円満に終わりたい方は申しこし有給の使い方などは考えた方がいいですね😅









いかがでしたでしょうか?



もしみなさんもバイトを辞めたい!!と言うことであれば暴れて辞めましょうw

参考になれば嬉しいです。


何か質問やコメントのある人はぜひコメント欄に書いて下さいね😎




それではまた次の記事でお会いしましょう👋



スポンサーリンク

この記事へのコメント