クォーター科目とは?

どうもこんにはけんです。 今日僕は授業が1個しかないんですよ。 先週までは2コマあったんですが、1個はすでに終了しました。 なぜこんなに早く授業が終わるかというとクォーター科目だからです。 大学生なら聞いたことのある人もいるかもしれません。 というわけで今回はクォーター科目について書いていきたいと思います。 大学の授業は本来1つの授業を約16回で行います。 つまり週に1回と考えた場合16週間、やく3ヶ月とちょっとの間が1つの学期ということになります。 しかし中には8週間で終わる授業があるんです。 それがクォーター科目です。 クォーター科目は1週間に2回の授業を行い、8週間で全ての授業を終わらせるというものです。 早く終わる分その期間の負担は大きいですが集中して勉強をすることができます。 ここで僕が実際にクォーター科目を受講してよかったと思う点をいくつか紹介します。 1.早く終わる はい。そうですね。今説明した通り早く全ての授業を終わらせることができます。 実はこれはこの授業形態の大きなメリットといいますか目的の1つなんですね。 実かこれ留学に行きたい人向けの授業なんです。 多くの海外の大学は短期間の間にバーっと授業を詰め、休みが長いです。 それに合わせているんですね。 また、休みを長くすることによって海外留学に行きやすくするというメリ…

続きを読む